フリーランスのAI化は単純に電子書籍出版でOK

  • 2019.08.20

フリーランスは自ら動き続けないと終わる 1人だけのマイクロ法人を経営していて気付くのは動かないと本当に何も起きない音一つ鳴らない。プライベートのコミュニケーションでも、営業の一環が1~2割くらいの感覚で会うことも多いのですが、(それもどうかと思いますが・・・)積極的に人とコミュニケーションをとって、初めて何かが始まります。 何も起きなかった病床の期間 先日、インフルエンザA型にかかり、2,3日寝た […]

40代開業フリーランスのウェブ営業と集客方法

  • 2019.08.20

フリーランスの仕事探し 40代以後のフリーランスデビュー 40も過ぎると、知り合いの親御さん世代のお通夜にでることが多くなる。また、喪服の出番か・・・なんて思うと、クリーニングは次でいいか・・・なんて思ってる時点で不謹慎極まりない。人生80年だとしたら折り返しもすぎたところで、あぁ、自分もいつか人生が終わる日が来るのか・・・なんてことをリアルに感じ始めるのも40代という年齢なのかもしれません。それ […]

脱サラ、フリーランスの末路がタダの転売屋

  • 2019.08.20

「過去の実績を全く使わない」は不利会社を辞めて新たな一歩。フリーランスデビュー。それでも過去の実績は積極的に活用するべきという話を知人のエピソードを元に紹介します。友人に超一流企業から脱サラして現在、フリーランスで仕事をしている人がいます。彼は元エンジニアでしたが、もっと人と関わる仕事がしたいという思いから辞表を出しフリーランスになりました。 ゼロスタートは茨の道 始めたことはマーケティングのコン […]

コンタクトレンズが瞼の中で行方不明 厚木市でオススメの眼科

  • 2019.08.20

目の中で乾いたコンタクトレンズを取るのはだめ 使い捨てコンタクトを8時間くらい継続して装着していると当然目が乾く。 その乾いた状態でコンタクトレンズを取ろうとするとズレる。 知ってはいるけどついついやってしまった。 瞼の中で行方不明になった時 今回は3日間おりてこないのでいざ、眼科へ。本厚木駅周辺で評判の良い眼科をググっていきました。 今回、行った眼科はとても親切丁寧な処置をしていただきました。 […]

海洋プラスチック問題 デイヴィッド・カッツのスピーチ

  • 2019.07.10

海洋プラスチック問題。 TEDのこのスピーチが有名です。 「海の掃除なんか最後の最後にやればいいんです」で始まります。 え?聞き間違いではと感じるかもしれません。でも、このスピーチを聞くとなるほど、海の掃除なんて最後の最後にやればいいのかと腑に落ちると思います。 台所でシンクから水があふれていたとして、皆さんは真っ先に何をしますか? モップで床を拭き始めますか?真っ先に蛇口を締めるでしょ?と呼びか […]

空き家あげます。何に活用しますか?

  • 2019.06.19

「空き家あげます」と言われたらいりますか?いりませんか? まずは堀潤さんのラジオを聴いてみよう この回もとても貴重な情報を堀潤さんのラジオから聞くことができました。すでに2015年に施行された空き家対策特別措置法。この法律に適用されると放置している空き家の固定資産税がいきなり6倍になるリスクが発生する。だから、空き家をなんとかしてくださいいね!と政府が後押しし始めました。 空き家が放置できなくなり […]

空き家問題の基礎知識

  • 2019.06.14

2020年のオリンピックイヤーまでに空き家は1000万戸を超える まずはこちらのラジオ番組を是非、お聞きください。  全体の15%。およそ7件に1件が空き家という計算になります。毎年20万戸づつ増加していき、全国空き家だらけになります。これは重大な社会問題です。 空き家の所有者は何をしている? 答えは、「空き家所有者の7割以上が特に何もしていない。」 更地よりも建物が建っている方が税金が安く抑え […]

イノセンス 冤罪弁護士は2話で離脱…

  • 2019.01.29

このドラマの場合は、主人公、黒川 拓(坂口健太郎)が個性的で天然キャラクターなので、その場合は逆に常識的なキャラクターを準主役に添えるべきだったような気がします。その点、準主役の和倉 楓(川口春奈)がとにかくヒステリー過ぎる。常に怒っている。これは、演じ手の問題ではないです。むしろ、川口春奈さんの演技力が高いため、このヒステリーの連続には嫌気が差してくる。女性がカリカリ怒っているシーンを延々と見せ […]

3年A組 まだ4話なのにオープンにしすぎ!

  • 2019.01.28

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第4話。 とうとう、 一颯(菅田将暉)が本性を明かしました。個人的にはとても残念。もう少し奇人なのか?聖人なのか?どっちなんだ?というゆらぎを引っ張ってもらいたかったところです。 第1話で殺された生徒も実は生きていたことが判明。あの衝撃が実は芝居だったというのは逆に興ざめしてしまったところ。おそらくそうなんだろうなとは思っていたけど、もう少し引っ張ってよ! た […]